歯科治療にかかる費用記事一覧

通常では、医療機関で受けている検査や治療は、保険診療といって保険が適用され、どの医療機関にかかっても同じ金額です。その一方で、保険診療が認められていない検査や治療を自由診療といいます。自由診療は自己負担となり金額が各医療機関によって違ってきます。歯科治療の場合、詰め物やかぶせ物に、様々な種類の材質があり、保険診療と自由診療の併用ができます。歯科治療における自由診療のメリットは、最先端の治療が受けら...
交通事故などによって歯が損傷し、自分の歯をすべて抜かなくてはいけない状況に陥ってしまったとき、皆さんはどのような治療を選択するでしょうか?最近注目されているインプラントは、従来の義歯よりも通常の歯と同様の噛み心地を提供してくれます。歯を支える骨にインプラントと呼ばれる土台を打ち込み、そこへ義歯を被せるというのがインプラント治療です。歯茎に義歯を引っ掛けるよりも歯が安定しますから、噛んでいる最中に義...
年をとると入れ歯をするという人が大半ですが、保険の入れ歯と自費では何が違うのでしょうか。保険適用の場合レジンというプラスチックの入れ歯になります。部分入れ歯になると5千円〜1万円ぐらい、総入れ歯になると1万〜3万円ぐらいです。保険が適用されるので安価で済み、破損しても修理しやすい特徴がありますが、プラスチックなので、ニオイや汚れが吸着しやすく、変色やすり減り、顎の骨が擦り減りやすく、合わなくなって...
最近ではインプラントやセラミック義歯など様々な種類の義歯が話題になっています。義歯とはそもそも、私たちの口腔内に生えている歯を模して作られたものです。もちろん高性能な義歯は通常の歯と変わらない噛み心地を提供することもありますが、やはり自分自身の歯をいつまでも大切に使っていきたいという人も多いことでしょう。そんな皆さんに知っておいていただきたいのが、精密根管治療です。精密根管治療とは、歯の根元に対す...
最近の歯科治療において重視されるようになってきたのが、見た目の美しさです。単に歯の痛みや歯茎の状態を良化させるだけでなく、治療後の歯の見た目も美しいことが求められています。審美歯科などでは歯の美しさ手に入れるための治療も始められていますが、歯の欠損などのようにあくまで治療を優先させなければいけない場合、なかなか美しい歯を取り戻すのは難しいのです。そんな皆さんにおすすめしたいのがスマイルデンチャーと...
お口の健康は年齢を経るごとに衰えていきます。高齢者になると総入れ歯をしているという人も少なくありません。現在は歯が健康という人も、将来に備えて総入れ歯に関する知識を蓄えておいて損はないのです。そもそも総入れ歯には保険適用とそうでないものの2種類が存在します。前者の場合にはレジンを土台にして義歯を埋め込んだ入れ歯が一般的です。こちらは安価でお手入れがしやすい一方、変形しやすく汚れや臭いが付きやすいと...
インプラントや歯周病治療は、歯だけでなく歯の下にある骨も手術の範囲となっています。皆さんの骨の状態によっては、骨が足りないから手術は難しいといわれてしまうこともあるのです。そんな状態にあってもインプラントや歯周病の治療を可能にしてくれるのが骨造成手術という治療方法です。骨造成手術とは、その名の通り骨の足りない部分に人口の骨や自分の骨を加えることで厚みを増すための手術をいいます。例えば、上顎の骨が薄...

このページの先頭へ戻る