入れ歯とインプラントの費用について

年をとると入れ歯をするという人が大半ですが、
保険の入れ歯と自費では何が違うのでしょうか。

 

保険適用の場合レジンというプラスチックの入れ歯になります。
部分入れ歯になると5千円〜1万円ぐらい、総入れ歯になると1万〜3万円ぐらいです。
保険が適用されるので安価で済み、破損しても修理しやすい特徴がありますが、
プラスチックなので、ニオイや汚れが吸着しやすく、
変色やすり減り、顎の骨が擦り減りやすく、合わなくなってくるので、
その都度、作り変えなければなりません。

 

自由診療の場合は、制作方法や材料の制限がなく、
患者一人一人に合う入れ歯を、じっくり時間をかけて製作することが可能です。

 

自費では様々な材質がありますが、
比較的安価なコバルトクロムを用いた金属床の義歯は、
薄い為、口の中が広く感じられ、温度も伝わりやすいです。
費用は総入れ歯で30万円程度です。

 

チタンを用いた義歯では、薄く重量が軽く、顎になじむ為、
違和感を感じないで使用ができます。
費用は40万円程度です。

 

歯を失ってしまった場合には、数年前までは入れ歯が一般的でしたが、
最近ではインプラント治療をする人も増えてきています。
インプラントの費用は歯科医院によって異なりますが、
大体1本の歯にかかる治療費は全国平均で20万〜60万円となっており、
都市部などの場合では、治療費が他の地域よりも高くつくことがあります。

 

なぜ、インプラントが高いかというと、
インプラントの診療は自由診療とされていて、保険が適応されません。
また、インプラントを埋め込む場合には、
手術が必要で手術器具の中には使い捨てのものもあり、
インプラントの歯は患者さん一人ひとりに合った歯を作製するので、
コストが高いとされています。

 

インプラントは医療費控除の対象になるため、
確定申告を行えば、一部ですが、治療の際に支払ったお金が戻ってきます。
またインプラントは顎の骨の状況や施術を行う部位や、
それぞれの歯科医院によって治療費が違ってきます。

 

インプラント治療を検討されているのであれば、新百合ヶ丘にあるこちらの歯医者さんがおすすめです。


このページの先頭へ戻る