自由診療にかかる治療費

通常では、医療機関で受けている検査や治療は、
保険診療といって保険が適用され、どの医療機関にかかっても同じ金額です。

 

その一方で、保険診療が認められていない検査や治療を自由診療といいます。
自由診療は自己負担となり金額が各医療機関によって違ってきます。
歯科治療の場合、詰め物やかぶせ物に、様々な種類の材質があり、
保険診療と自由診療の併用ができます。

 

歯科治療における自由診療のメリットは、
最先端の治療が受けられることや、見た目の美しさ、噛む為の機能面、
耐久性などが優れていることなどです。
保険診療では患者が多くスピードが求められますが、
自由診療ではゆっくり時間をかけて、
丁寧に悪くなった原因を、確実に除去していき、慎重に治療を行うので、
再治療を極力抑えることが出来、長持ちさせることが可能になります。

 

費用は、治療する前の検査や診断料が3万円程度です。
最も一般的な治療が詰め物(インレー)ですが、材質ごとに特徴と費用が違ってきます。
セラミック(陶器)インレーは見た目が自然で変色もありません。
費用は3万〜8万円まで様々な価格があります。

 

ハイブリットセラミックインレーは、セラミックとプラスチックの組み合わせた素材で、
自然な見た目ですが、変色しやすいです。
保険診療のプラスチックに比べて、優れています。
費用は3万〜4万円ぐらいです。

 

人に優しい生体親和性の高い金属を使用しているゴールドインレーは強度が強く、
適合性が高く、錆びにくい金属なので、溶け出してアレルギーを起こしにくい素材です。
費用は3万〜8万まであります。

 

かぶせ物(クラウン)では、見た目が自然で変色はほとんどしない、
オールセラミッククラウンが10万〜15万円。
硬すぎないため、噛みあわせの歯に優しい素材のハイブリッドセラミックは、
費用が5万〜10万円ぐらいです。

 

他に耐久性が良く適合性が最も良いゴールドクラウンは、
費用が5万〜10万円ぐらいです。

 

高額ですが極力歯を抜かず、いつまでも、自分の歯を長持ちさせたいのであれば、
自由診療がおすすめです。

 

カウンセリングが丁寧なこちらの歯科で、自由診療の費用について相談してみましょう。http://ohana-dental.com/


このページの先頭へ戻る