金属床総入れ歯の費用

お口の健康は年齢を経るごとに衰えていきます。
高齢者になると総入れ歯をしているという人も少なくありません。

 

現在は歯が健康という人も、
将来に備えて総入れ歯に関する知識を蓄えておいて損はないのです。

 

そもそも総入れ歯には保険適用とそうでないものの2種類が存在します。

 

前者の場合にはレジンを土台にして義歯を埋め込んだ入れ歯が一般的です。
こちらは安価でお手入れがしやすい一方、
変形しやすく汚れや臭いが付きやすいというデメリットがあります。

 

レジンという素材は熱を通しにくく、
食物の温度を感じにくいため食事をしていると
違和感を覚えるという声もよく耳にします。

 

それでも保険適用外の入れ歯に比べると安価で手を出しやすいという点から、
レジンの総入れ歯を利用する人も少なくないのです。

 

一方で保険適用外の総入れ歯に金属床を土台にしたものがあります。
金属床の良い点は、お口にフィットしやすいという点です。

 

金属は熱を伝えやすいですから、熱いものは熱く、
冷たいものは冷たい感覚がお口の中に広がります。

 

料理を温度は少なからず味に関わっていますから、
料理を美味しく楽しみたいという人にピッタリなのです。

 

保険適用外ということは、義歯も自分に合わせたものを選べます。
その分噛み心地も保険適用の入れ歯より向上される可能性が高いのです。

 

そんな金属床総入れ歯のネックとなっているのが費用になります。
金属床総入れ歯は、どの金属を床にしているかによって値段が変わってきます。
お口に馴染みやすいチタンでしたら30万円前後、
耐久性が魅力のコバルトクロムの場合には20万円前後が相場です。

 

費用は高くつくかもしれませんが、食事を楽しみたいという人にはおすすめです。
いざというときのために、金属床総入れ歯について覚えておきましょう。
にいむら歯科医院


このページの先頭へ戻る