骨造成手術の費用

インプラントや歯周病治療は、
歯だけでなく歯の下にある骨も手術の範囲となっています。

 

皆さんの骨の状態によっては、
骨が足りないから手術は難しいといわれてしまうこともあるのです。
まずインプラントを検討しているのであれば、こちらの様なインプラント治療に力を入れた歯医者さんにまずは相談してみましょう。

 

そんな状態にあってもインプラントや歯周病の治療を可能にしてくれるのが
骨造成手術という治療方法です。

 

骨造成手術とは、その名の通り骨の足りない部分に
人口の骨や自分の骨を加えることで厚みを増すための手術をいいます。

 

例えば、上顎の骨が薄い状況を想定してみましょう。
インプラントを指すには、歯の下にある骨に厚みが必要です。

 

骨造成手術におけるサイナスリフトという手術方法は、
歯茎に切り込みを入れて足りない部分に骨を補填するための材料を埋め込むのです。
そこにインプラントを埋め込むことで、もともとの骨の薄さをカバーすることが出来ます。

 

GBR法という骨造成手術は、
人工の骨や皆さん自身の骨を足りない部分に張り付けるという手術方法です。
貼り付ける際には特殊な膜で覆い、インプラントも同時に装着します。
この膜で覆った状態で、数カ月過ごすと新しい骨が生えてくるのです。
皆さん自身の骨を成長させるGBR法はインプラント治療でよく用いられています。

 

こうした骨造成手術は、
インプラントや歯周病治療に上乗せする形で治療費を支払うことになります。

 

骨造成手術そのものの費用は、最低でも3〜5万円、
難しい手術だと30万円近くすることも少なくありません。

 

この手術によって骨の薄さをカバー出来れば、治療の幅が一気に広がるのです。
より健康な歯を手に入れたいという人は、
ぜひ歯科医院での骨造成手術をご一考ください。


このページの先頭へ戻る