妊娠中のオーラルケア

妊娠中は口内環境が変化して、
歯や歯ぐきのトラブルが起こりやすいといわれています。

 

お母さんが虫歯になると、赤ちゃんも虫歯になるリスクが高まるため、
正しいオーラルケアを習慣づける必要があります。
妊娠中の歯科健診は、少ない負担額や無料の地域もありますので、
歯科医院や市町村に確認してみましょう。

 

3ヶ月までの妊娠初期は、女性ホルモンが増えることで、
口の中の状態が大きく変化してきます。
唾液の分泌が低下してしまい、トラブルが起こりやすいのです。

 

妊娠中でも歯医者での治療は可能ですが、
初期はつわりがひどいので体調を考慮し、
お口のトラブルが起こらないよう、十分気をつけましょう。

 

虫歯予防にはフッ素配合ハミガキ剤が効果的ですが、
体調を見てデンタルリンスや水で、
うがいを行うだけでも十分な予防につながります。
妊娠4ヶ月から7ヶ月くらいの安定期では、
食後の歯磨きをしっかり行いましょう。
体調も比較的安定している時期ですから、
この時期に歯科医院での健診や治療に行くことをおすすめします。
治療で心配なことがあれば、積極的に相談してみましょう。
鶴川でお子さんの虫歯治療ができますhttp://satori-dental.com/

 

妊娠後期では、出産準備で何かと忙しい時期ですが、
生まれてくる赤ちゃんのためにも、
オーラルケアを怠ることなく、毎日しっかり行いましょう。

 

赤ちゃんが虫歯になってしまうのは、お母さんの影響が大きいと言われています。
妊娠中も良質なタンパク質をとるなど、栄養や食事バランスにも気を付けて、
赤ちゃんを虫歯や歯周病から守りましょう。

 

妊娠中から適切なオーラルケアをして、
お母さんも赤ちゃんも、健康な歯を保っていきましょう。


このページの先頭へ戻る