親知らずの治療って本当に必要なの?

親知らずは、4本とも抜いたという人もいれば、抜かずにそのままという人もいます。
では、親知らずは、痛い思いをして本当に抜く必要はあるのでしょうか?

 

そもそも親知らずとは何かというと、1番奥の大臼歯の事です。
大半の人は20代の頃に生えますが、中には生えない場合もあります。
親知らずが全く生えない人は25%前後存在します。

 

親知らずが生えない理由は、人が進化の過程で柔らかい食事をするようになり、顎が小さくなりました。この顎の大きさによって、親知らずが生える人と生えない人に分類されます。
当然、親知らずが生えなかった人は、親知らずの治療を行う必要はありません。

 

ただし人によっては、親知らずは生えていないと思っていても、実は生えているケースがあります。
隠れ親知らずと呼ばれ、表面には見えませんが、歯茎の深い部分に埋まっている状態です。
そして歯茎で他の歯を圧迫し、悪影響を及ぼしている可能性があるので、注意が必要です。

 

では親知らずが生えている人は、全員親知らずの治療が必要なのでしょうか?
親知らずは、生えるスペースを確保する事が難しく、キレイに生えずに歯磨きで磨き残しが多くなります。
その結果、虫歯や歯周病になりやすい歯でなので、その手前の歯にも悪影響を及ぼします。

 

また歯肉が腫れてしまい、痛みを伴うケースもあるので、不具合が発生している場合は親知らずは抜くべきだと言えます。
ですが親知らずがキレイに生えていて、不具合が発生していない場合は、無理に親知らずの治療をする必要は有りません。

 

そして親知らずの治療をする場合は、出来るだけ早く抜歯するべきです。
その理由は、年齢が若い方が抜歯後の回復が早い事と、骨が丈夫なため抜きやすい環境だからです。
また親知らずが原因で生じる不具合を、長期間放置すれば、虫歯や歯周病が悪化し、他の歯を失う恐れがあるからです。

 

自己判断では間違っている可能性もあるので、一度キチンと親知らずについて検診をし治療の有無を相談をする事をオススメします。
イースト21デンタルオフィスの公式サイトhttp://www.east21-dc.com/


このページの先頭へ戻る