歯石と歯石除去

歯石は、残った食べかすが石灰化するのではありません。
歯石は、歯磨きが不十分である為に細菌が繁殖し、
それが唾液など体の分泌物と混じって歯垢(プラーク)となり、
さらにそれが1カ月以上かけて石灰化したものです。

 

歯石化しているからには、歯石となるまで細菌をそこに放置させている状態であり、
歯自体や歯肉にも細菌の影響が出ている場合が多く、
歯肉の炎症による口臭や、虫歯や歯周病なども併発している場合が多いのです。

 

歯石には2種類あります。
「歯肉縁上歯石」と「歯肉縁下歯石」です。
「歯肉縁上歯石」は黄白色か灰白色の歯石で、
唾液と細菌が混じって出来たものです。
その名の通り、歯肉より上にできる場合が多いです。
石灰化は早いですが、比較的除去がしやすい歯石ではあります。
歯磨きでは取る事は出来ません。

 

「歯肉縁下歯石」は暗褐色の歯石で、
歯肉からの分泌物や血液などと混じって出来たものです。
その名の通り歯肉より下、内部に出来る事が多いですが、
それ以外の場所にも出来る事もあります。
石灰化は遅いですが、除去がしにくい歯石です。

 

歯石は歯ブラシでは除去する事が出来ないので
歯垢除去としての歯ブラシでの予防が大切です。
しかし、完璧には予防と言うのは出来ないので、
定期的に歯医者に行って、歯垢と歯石の除去が重要ともいえます。
歯科治療において歯石除去はスケーリングと呼ばれ、保健は適応されます。
保険を適応すると約800~1000円とリーズナブルです。
もちろん保険適応外のスケーリングもあり、
こちらの方は1時間5000~10000円とされる場合が多いですが、
保険適応の場合より丁寧にスケーリングを行ってくれることが多いです。

 

詳しくは、それぞれの歯医者に聞いて確認するのが良いでしょう。
歯石除去や日ごろの歯のメンテナンスをお考えなら行徳スマイル歯科がいいですよ。


このページの先頭へ戻る