歯科治療を受けるタイミングとは?

痛みを伴う前の初期状態である虫歯を、
検査をしないで発見することは難しいといわれています。
表面が少し虫歯菌によって削られているような状態であれば、
目視で確認できるので病院に行き検査を受けることはできますが、
そうでない状態では中々本人が気付くことは難しいものです。

 

歯科治療を受けようと感じるようになるのは、
多くの人が痛みを伴い歯茎が腫れるなどの症状が出てからでしょう。
では、歯科治療を受けるタイミングは、どんな時が良いのでしょうか?
一般的に言われているのが、
歯科治療を受けるタイミングは自覚症状を引き起こす前の段階です。

 

つまり定期的に検診を行い、
そこで発見してもらい適切に治療を受ける。
この方法がベストなのです。
しかし、毎日が忙しい人は定期的に
検診を行くことができない場合もあるでしょう。
そのため、最低でも毎日自分の歯を鏡で目視して、
歯に削れている形跡がないかどうかをチェックします。

 

発見ができたならば、
すぐに歯医者へと向かうぐらいの心構えが必要でしょう。
タイミングとしてはC0からC1という状態の時に行くのがベストです。
痛みが伴っているときは、
すでに神経にまで虫歯菌が侵入してきている状態になるので、
ベストなタイミングとはいえません。

 

歯科治療は早めに発見をしてしまえば、
回数も少なく費用も安く抑えることができます。
それを実現するためには、セルフチェックが欠かせません。
歯磨き後に自分の歯をチェックする時間を必ず設けるようにして、
歯科治療を受けるタイミングをベストな状態に持っていくようにしましょう!

 

駒澤大学のこちらの歯医者さんなどで、早期発見を心がけましょう!


このページの先頭へ戻る