予防歯科の基礎知識記事一覧

歯石は、残った食べかすが石灰化するのではありません。歯石は、歯磨きが不十分である為に細菌が繁殖し、それが唾液など体の分泌物と混じって歯垢(プラーク)となり、さらにそれが1カ月以上かけて石灰化したものです。歯石化しているからには、歯石となるまで細菌をそこに放置させている状態であり、歯自体や歯肉にも細菌の影響が出ている場合が多く、歯肉の炎症による口臭や、虫歯や歯周病なども併発している場合が多いのです。...
妊娠中は口内環境が変化して、歯や歯ぐきのトラブルが起こりやすいといわれています。お母さんが虫歯になると、赤ちゃんも虫歯になるリスクが高まるため、正しいオーラルケアを習慣づける必要があります。妊娠中の歯科健診は、少ない負担額や無料の地域もありますので、歯科医院や市町村に確認してみましょう。3ヶ月までの妊娠初期は、女性ホルモンが増えることで、口の中の状態が大きく変化してきます。唾液の分泌が低下してしま...
虫歯になると歯医者に通うのは、なかなか億劫ではありませんか。治療中の音や痛み、通院の期間や費用が気になって、つい虫歯を放置してしまいますよね。しかし、虫歯の治療は早期であればあるほど、通院の頻度も少なく済み、その分、費用も抑えることができます。歯科医院の治療費は、虫歯の進行具合や虫歯の本数で、大きく変わってきます。保険適用内・適用外の治療もあり、そこでも治療費に差が出てきます。保険適用外の治療には...

このページの先頭へ戻る